2006年08月01日

谷中「丁子屋」のてぬぐい

丁子屋てぬぐい.jpg
谷中…?根津?
そのあたりにある手ぬぐい屋さんです。店にはいると季節の柄が一段高い座敷に並べられて、お客は土間から眺めます。ご主人が正座して接客をしてくれます。そんな店構えがとても風情があって、良いお店でした。

曲げわっぱのお弁当箱も増えたことだしと、手ぬぐいも買い足し。手毬柄と蕪殻。柄の由縁もそれぞれ手ぬぐいについてきます。蕪は「株が上がる」とかそういう感じで縁起がいいものとされてるそうです。手毬はわすれましたー。季節が変わるごとに行ってみたい店です。
posted by もも at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 手ぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

かまわぬの手ぬぐい「おじぎ部長」他

手ぬぐい.jpg
お世話になった方々にお礼がしたく、雨の代官山をふらついていたら知人の用事で「かまわぬ」へ。
手ぬぐいを眺めているうちに…手ぬぐいプレゼント…されたら嬉しいかな…?嬉しくないかな?などと考えながら絵柄を眺める、眺める、眺める。特に乗り気なわけではなかったのですが、自分用に(私は手ぬぐいが好きなのです)「つばめ」「よもぎ」の2点を取り上げてザルにのせました。その後も店内を何周も何周もして店内の端っこに見つけた手ぬぐいが…これだ!これなら喜んでくれる人が1人いる!!!!

「おじぎ部長」(byナンシー関)

はげオヤジが手を差し伸べおじぎしてます。全然「粋」でもなんてもないけど「ジャパン」な感じはします。これをザルに乗せたとたん私のテンションうなぎ上り。残り二名分は打って変わって綺麗な唐草柄っぽい「かたばみ」と「よもぎ」をチョイス。

結果、大変喜ばれました。

おじぎ部長のオーナーになってくれた方は手ぬぐいをキリキリと齧って見得をきってくれました。「汗を拭いたり、齧ったり」してくれるとの事です。まぁ素敵、嬉しきことです。手ぬぐいはプレゼントにお勧めです。
posted by もも at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手ぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。