2012年03月19日

擬人化あそび「裏切られつづける妻編」

先日、やっと自分がアップルコンピューターから酷い仕打ちを受けたことに気づいた。(←遅っ!)
今まで何年もの間「.mac」にはじまり「mobile me」に移行してもけしてお得でもない年会費を払いつづけた。無料から有料になっても黙って金を払い、「いきなり値上げ」されても利用してきた。
ストレージも仕事で使ってるしメールアドレスも色んなところで使っているヘビーユーザーな私にアップルはこの対応…

「mobile me」のサービスは終わるので、今までよりもさらにサービスが悪くなった「iCloud」へ移行しないとサーバー上のデータも無くなるしメールアドレスも使えなくなりますよ。だから早く新しい「iCloud」に移行してください。そのかわり無料サービスだから文句無いでしょ。でも、またいつ気が変わってサービス打ち止めにするかは分からないけどね。

昔から使ってたユーザーからすればこういう仕打ちなんですよ。
で、さらに酷いのが…
「iCloud」に移行するには新しい「iPhone」「iPhod touch」「iPad」、もしくはPCを「OS最新版アップグレード」このなかのどれかを持っていないと移行できないという身勝手さです。これだからアメリカ人なんて大嫌いだよってなるわ!

●私は去年アンドロイドのスマフォを購入したばかりなので「iPhone」は買えない
●私は旧型の「iPod touch」を持っているのにまた買い替えなんてもったいない
●PCの「OS最新版アップグレード」なんてしたら大事なアプリケーションが使えなくなって仕事ができなくなるから論外

と言うわけで、半ば強制的に私は「iPad」を買うことになったのです。
メールアドレス人質に取られたわ〜!
ストレージサービスは無料のを見つけたし、個人HPがあるんだけどそれはもう稼動していないので諦める。

アップルはユーザーに強制的アップブレードをしむけてくるので、そこが大大大嫌いです。
でも、プライベートも仕事もアップル。さらにWindowsに乗換えるほどの知識のモチベーションも無い私はただただ齧り付いていくだけです。

なんて話しをだらだらしていたら…
友人:「駄目なところも分かっていながら一生付き合う決心をした嫁だーー」
という言葉をきっかけに、アップルコンピューターを私目線で擬人化してみた。

続きを読む
posted by もも at 00:42| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

アボカドの種には気をつけろ。

(色々痛い話しですのでご注意)

先日、指をざっくり切りました。

アボカドの種を包丁の柄で取り除こうとしてたら…手を滑らせて…指に刺さった。

「きゃーーーーーーーーー!!!」

まず、一回目は指に刺さったことにビックリして叫んだ。

「………。きゃーーーーーーーーー!!!」

そしてもう一回、二度目は傷の深さと溢れ出す血に驚いて改めて叫びなおした。

祖母:「大丈夫!!!どうしたの!?」

だらだら流れる血が床に落ちてもパニック中なのでフワァ〜っとした感じでスルー。

祖母の問いにも「指切った。」とだけ言ってティッシュで指を押さえながら部屋を右往左往。

「私、指を切って気持ちがへこんだから、お腹減らない。ご飯食べてて。」

祖母にそう告げて自室に引っ込む。

血が止まらないし、痛いし、傷口も深めだったので縫った方がいいのかな?と思ったけど、取りあえずインターネットで対処法を調べた。

分かったことは二つ。

ひとつ、傷口を心臓よりも上にあげること。

ふたつ、アロンアルファで傷口を塞ぐと良い。

続きを読む
posted by もも at 03:17| Comment(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

ぶつぶつ。

hot.jpg

衆議院議員会館はピッカピカでとても立派な建物。
警備員のみなさんは必ず「お疲れさまです!」と挨拶してくれる。

なるほど、そういう世界観か…

なんか「ひと仕事しちゃった」気分にさせる魔法の挨拶だなぁって思った。
写真は議員会館の中にあるターリーズコーヒで軽食をとったところ。

続きを読む
posted by もも at 02:55| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

カツサンド。

katu.jpg

ここ3回UPしている食べ物写真は母より大量に支給された食材を食べきるためのメニューです。
ヒレカツもらってたので今度はカツサンド。

マスタードとキャベツたっぷり入れた。

来週からは粗食で体調を戻したいものですが…

冷蔵庫がぱんぱん。
posted by もも at 01:01| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

リゾットにゴルゴンゾーラを投入した…。

rizo.jpg

母が渡りに船で私に押し付けたゴルゴンゾーラがいっぱい。

取りあえず加熱して食べたいのでリゾットにぶっ込んでみました。

思ったほどマズくはないけど…でも…

いや、むしろ…

だったら…最初から入れない方が美味しいんじゃないか?

そんな味になりました。

ゴルゴンゾーラは黒胡椒と相性よかったかな。

でもまぁ…あとはハチミツとあわせてトーストするとか、

ドレッシングにぶっ込むとかですかねぇ。

posted by もも at 01:32| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

貝づくし。

kai.jpg

仕事帰りにぷら〜っとしてたらお鮨が安くなってたので買って帰った。

珍しく貝づくし。

でも家に帰って良く見たら、いくつか貝が被っていた。

やっぱり季節の帆立がおいしかったなぁ。
posted by もも at 20:14| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独り言。

「8週齢規制」は見送られる可能性が高いのではないかという考察を持った方の記事を読んだんだけど、一瞬そうなのかなぁ?って思いそうになったけど、イヤイヤやっぱそれ違うなって思いなおした。

「8週齢規制」をしたら悪質なペットショップやオークション業者、ブリーダーから一気に犠牲になる動物達が大量に出る可能性について危惧されていたのだけれど、今度の改正で「殺処分禁止」や「業者からの保健所持ち込み禁止」などとセットで防止していけば、クリアされる問題かと思う。

それに「8週齢規制」でブリーダーが犬たちを手放すなら…ボランティアの人たちはむしろ「助けられる」と考えるかもしれない。
悪質業者で子どもを産まされるためだけに行きてる母犬たちの環境は「死んだ方がマシ」と思えるくらい酷い場合もあるそうだ。

なので、これ以上猶予は必要ないし、悪質な人を取り締まるのだから一日でも早く立法すればいいんじゃないかと思った。

躊躇する必要なんてひとつも無いように思う。

そもそも、短期間での「殺処分」を認めているから悪質業者が犬を粗末に扱うのだから「殺処分禁止」も今回改正されないといけないんだね。
ってことは「8週齢規制」と「殺処分禁止」の2つをセットで盛り込んでいくらしい民主党はちゃんと考えてるっぽいなぁ。そっかそっか。

しかし、問題が山積み過ぎて凄い。

自分がちゃんと理解できてるのかも分からなくなる時がある。

こんなんじゃ、馬に行き着くまでに何十年かかるのかな?況や牛、豚さんたち家畜の福祉なんて。
馬って簡単に「出荷」されちゃうからな…乗馬登録の馬はお肉にできないようにならないかな…。
そもそもなんで競馬馬を助ける受け皿が「乗馬」なんだろ。
競馬界的にサラブレッド使い捨てじゃんか〜。
競馬を引退した後の馬生の方が圧倒的に長いんだぞ…。

ホント、動物にまつわる業界は腑に落ちないわ。
posted by もも at 00:42| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

「日本獣医師会」も反対だって…

ジュルさんとこの「8週齢規制に反対する日本獣医師会へのお願い。」という記事をチェック。

「日本獣医師会」も「親からの引き離し8週齢規制」に反対の立場をとっているそうです。

しかも、獣医師会の獣医師さん達も知らない人が多いという…
     ↓
ということは、偉い人達の癒着でしょう。

反対立場の主張内容は「ZPK/一般社団法人全国ペット協会」と同じくかなりお粗末な感じらしいです。協力関係なのかしら?

「日本獣医師会」が「ZPK/一般社団法人全国ペット協会」と同レベル…ガッカリするね。

知らない獣医師さんが多いって言うのも「切ない」わ〜

組織が動くってそういうことなんだわ。

と、言うわけで「日本獣医師会」が反対から賛成になってくれるように、せっせとメールをするしかないですね。

なかなか終わらないけど、3月頭までが勝負だから後悔の無いように行動するしかないので、ボチボチ送って行きたいと思います。

ちょっとお時間のある方はジュルさんとこの「8週齢規制に反対する日本獣医師会へのお願い。」をよく読んで、「日本獣医師会」へポチッとメールしてあげてください。

こっちのほうが効き目があって、初心者にもハードル低いかも〜?

ネムネム…

マジで日本獣医師会が世界で通用する「親からの引き離し8週齢規制」に反対姿勢とか…日本人としてハズカシいんですけど。

いっぺんドイツの人に叱ってもらえ!
posted by もも at 02:31| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

さて、本日の「8週齢規制を求める緊急勉強会」まとめ。

これで日本の動物愛護法改正の話しは最後になる予定ですのでもう少々お付き合いください。

気が向いて「8週齢規制を求める緊急勉強会」へ参加してみました。
(初めて衆議院第一議員会館行ってきた。もの凄い立派で新しかったぞ…)
私はただの一般人です。普通の人です。ただいま動物愛護法改正というタイミングに際して縁が巡って何が何だかお勉強中です。
今まで犬と猫を飼ってました。そして時おり馬の背に乗っからせてもらいます。
組織とか、業界とか、団体とか、全然わからないし縁もゆかりもありません。

でも少なくともペットを飼う「普通の人」が知っていなければいけない事があるので、ここにUPしますよ。

与党だから?なのか民主党の議員さんベースの勉強会でしたが、生方議員や松野議員のお話をそのまま理解すれば民主党内は「親からの引き離し8週齢規制」と「殺処分禁止」でまとめていく方向だそうです。ちゃんと自分の耳で聞いたよ。
(議員なんて二枚舌とか考え出すとキリがないのでここは素直に受け取ります)

で、民主党議員の皆さんにはかなり多くの陳情メールが来ているそうです。
ジュルさんとこの影響でしょうか。良いことだと思います。

「意思」は言葉にして相手に伝えなきゃ意味が生まれません。

感じとしては陳情メールって送る側からは効果あるのか体感できませんが、議員さん達にとっては影響がでているようです。そしてそのほとんどが「8週齢規制」の陳情だそうです。

「8週齢規制」を知らない人もいるかもしれませんが、これくらい立法できなくてどうすんの日本?って感じの「至極真っ当」な規制でむしろもっと厳しくしていいんじゃないか?と思うような内容にも関わらず、劣悪な飼育環境で商品を作っているペット業界は自分たちの食いぶちが無くなるので必死に反対しています。

この「親からの引き離し8週齢規制」が通れば私たちにとって良いことが3つあります。
【1】悪質なブリーダーやペットショップが淘汰されます
【2】健康な犬etcを育てる「優良なブリーダー」を守ることができます
【3】消費者(普通の人)のペットに対する意識レベルとペット文化の向上が望めます

そのことにより「癲癇(てんかん)」とか「遺伝病」などで苦しむペットも負担を負う飼い主も少なくなるし、もっと動物と良い関係が築ける。
何気に遺伝病とか癲癇は高確率で私のまわりでは発生してるな…。
ペットショップでミックス犬という名の雑種を買うなんて、犬のことをちょっと知れば絶対に選択できないことなんですよ。

▼そんなわけで今すぐ「普通の人」ができて効果があることはコレです。
●自民党の議員に「親からの引き離し8週齢規制」の陳情メールを送ること(3月上旬までに)
対象議員:小池百合子議員野田聖子議員三原じゅん子議員松波ケンタ議員山本幸三議員山本一太議員/【自民党総裁】谷垣さだかず議員

自民総裁の谷垣さんに関しては…「谷垣さんとっても人柄がいいから聞いてくれそう」みたいなノリで…ちょっと微笑ましかった。そういうキャラなんだね。だから総裁になったんだ…。

メール送るのは意外と簡単です。
引用文とかあるのでそれを使えばいいです。詳しいことはこちら→「8週齢規制妥協反対アクション」にいっぱ〜い掲載されていますのでチェックしてみてください。
各議員のHPにメッセージや意見を受け付けてくれるリンクがあるのでそこから陳情メールを送信できると思います。

自民党はまだ「親からの引き離し8週齢規制」で固まってないそうなのと、民主党には沢山陳情いってるけど、自民は手薄なようです。
また、対象議員が自分の選挙区じゃないからという事は意識しなくてもいい感じがします。
「人の目」が光ってることが伝わる方が圧倒的ではないかな。だって、選挙区じゃない人とか全国からメールくるんだよ。「何事だろう?」って思いませんか。

▼なんで議員に直接、陳情メールを送るのか
●動物愛護法改正は「議員立法」なのです
 その名の通り議員が決める法律です。
 だから市民が法案づくりに積極的にかかわれるんです。
 だからペット業界団体も自分たちに有利に一生懸命陳情するのです。
 そのかわり「利害」に弱いのよ〜!

▼補足で「親からの引き離し8週齢規制」に反対しているペット業界団体
・JKC/社団法人ジャパンケネルクラブ
・ZPK/一般社団法人全国ペット協会
・プリペット株式会社(ペットオークションなど)

優良なブリーダーは「親からの引き離し8週齢以上」なんて当然のごとくクリアしています。今日のヒアリングでは「60〜75日」は母犬・兄弟から離さないそうです。
これはブリーダーの優良さを示す指針になりますからちょっと憶えておくといいですよ。

親元に8週齢以上いることができなかったペットは「買わない」ことです。そういう「こども達」は人間からのケアも十分に受けていませんから人慣れもしてないんです。悪徳ってそういうことなんです。
posted by もも at 00:50| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

だから、ケータイのカメラで我慢しとけばいいじゃないか。

toy.jpg

白インゲンのトマトスープを作った。
ちょっと具沢山過ぎて見た目以上にお腹いっぱいに。

で、写真はケータイで撮って「Littele Photo」でエフェクトかけた上に、フォトショップでちょっといじった…

トイカメラ風って言っても、自分の欲しい色を出すのはなかなか難しい。
不思議なんだけど、なんでもできそうなフォトショップだけじゃトイッっぽいのは簡単には出来ないのですよ。

結局、フォトショップで微調整しちゃうんだからやっぱりトイデジ買っても意味ない…むーん。
posted by もも at 22:57| Comment(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

ケータイのカメラでイイじゃないかと自分に言い聞かせる。

clap.jpg

丸の内をふらふらしてたら見つけたトイデジカメラ。
clap」という名前。
デザインも可愛いし、USBがついてるからそのままPCにさせば充電もデータ読み込みもできる。

何それちょ〜べんりー。

欲しくなったけど…カメラ一杯持ってるしトイデジの画像で満足できるなら私の持ってるカメラ達は一体なんなんだってことになるのでパンフレットだけ貰って愛でてた。

で、いくらIS05のカメラの写りがiPhoneに比べて悪いとはいえ、ケータイカメラの方が画素数が圧倒的に良い上に、トイカメラのアプリがあるから…それで…遊べば…いいじゃないか…。

なので、ごっくん飲み込みました。
写真はIS05で「Littele Photo」というアプリでエフェクトかけてます。

トイデジは買わない…買わないぞ。

そういえば、こないだ品切れで買えなかったお店の「リアルデニムレギンスパンツvol.62」が予約販売開始していたので、ユーズドブルーで1本注文した。4月中旬の発送だそうだ。春だなぁ〜
posted by もも at 20:54| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

動物愛護でさえも、政治はどろどろ〜。

日本の動物福祉の遅れを揶揄する時に取り上げられる言葉。

『国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る』 
マハトマ・ガンディー

動物愛護法改正の話しをブログにあげるつもりはなかったんだけど、腹が立ったからUPします。

動物愛護法改正には数ある問題がありますが、その中に「8週齢規制」というテーマがあります。

▼その意味するところは…
仔犬仔猫を親元から引き離してはいけない期間を「8週齢」としようとする法律です。

動物の解剖学的にも行動学的にも立証されているギリギリのラインで、これより早まれば仔犬や仔猫の発育に支障がでて問題行動が増えるというわけです。
動物福祉に遅れてる先進国は日本くらいで、アメリカやヨーロッパなど海外ではとっくに採用されている規制です。

ところがどっこい〜

その「8週齢規制」というテーマを議員立法では驚くことに「8週齢の販売を規制する」という偽物の法律にすり替えようとしている真っ最中です。
(まさかとは思ったけど、やっぱり素案の中に書かれていたのは意図的だったんだな〜民主党やるなぁ(怒怒怒))

結局それって「骨抜き」改正じゃん。

▼どうやって法律は改正されるのかはこちらを参照に
http://blog.goo.ne.jp/jule2856/e/6d4a91220bbcfb3c021ef7e2b2b4ea9b

どうして「8週齢」というキーワードを盛り込んだ人を「欺く」ような法律をつくる必要があるのか?

ぶっちゃけ「ペット業界」が困るから。でも動物愛護の観点からはまるっきり無視できない大きな争点なんですわ。
「8週齢規制」の本来意図するところが法律化されると実質「生体販売ができなくなる」んですね。
ペット業界は必死で死守したいんですね。それ以外に理由見当たらないね〜。

春の法改正でなんとか「妥協点」という名の「骨抜き内容」にしてしまえば、ペット業界はあと10年の間、ぬくぬくと現状を維持するし、10年後もまた「骨抜き改正」にすりゃいいだけの話し。

だから今回の法改正で「生後8週齢未満の子犬子猫を親等から引き離してはならない」とする規制が立法されなければ…ペットの福祉からほど遠いペット業界の勝ち。

因に行政「環境省」は理性的な判断をしています。
行政と一般人はまともな判断しているけど、ペット業界とペット業界から指示を得たい議員・政党は「理性的判断に目をつぶる」みたいです。もしそうじゃないなら反論してみろって感じです。

▼法改正に興味があって本来の意味するところの「8週齢規制」を支持したいという方はこちらを参照に、法改正に携わる議員さん達へ1通でも良いのでメールをしてみてください。
http://blog.goo.ne.jp/jule2856/e/c9a89c37cc5bb30c5eb625fce618e6c9

そして、「無関心」なまま動物に対する正しい知識も敬意もないままに、生体販売の仔犬仔猫を「可愛い〜」と買ってる普通の人たち。そろそろ気づいておくれ。
本当に「健康なペット」を家族に迎えるには、正しい飼育方法をとるブリーダーを自分で探しておくれ。

どうか「ペットのしつけ」の本を読む前に、「動物行動学」の本を読んでちょうだい。

続きを読む
posted by もも at 21:52| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

真夜中のチョコレートボンボンとコーヒー。

bonchoco.jpg

これはナポレオンのブランデー入りボンボンです。

祖母の大人買いのアマリです。

私は食べる専門。

だけれどもウィスキー・ボンボンの方が好きだな。

ウィスキーの方がチョコレートにあってる気がする。

食べようかな、どうしようかな…
posted by もも at 00:45| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

完璧に「ドーパミン優位の冒険型」や。

『恋愛関係における特徴・相性』を知る上で役立つパーソナリティ論としてヘレン・フィッシャーの『脳内ホルモンのタイプ論』があるんだって。
んで、4つのタイプが定義されています。
1.ドーパミン優位の冒険型
2.セロトニン優位の建設型
3.テストステロン優位の指導型
4.エストロゲン優位の交渉型

どのタイプに自分がハマるかはこちらを見てみてください。
http://s.webry.info/sp/charm.at.webry.info/201002/article_6.html

私はね、完璧に1.の「ドーパミン優位の冒険型」なの。
▼「ドーパミン優位の冒険型」の典型的な認知行動の特徴
●今まで経験したことのない『新規性・新鮮さ』を追求する。
●毎日同じことを繰り返す『習慣的・規則的な行動』が苦手である。
●『自分が今すぐにやりたい』と感じたことを我慢できない衝動性がある。
●一つのことだけに集中しにくいが、興味関心の幅が広くて多趣味である。
●『リスク』を取ることに不安・恐れよりも興奮・可能性を感じやすい。
●エネルギッシュでいつも動いていないと落ち着かない過活動性がある。
●社会的な権威や慣習には興味が薄く、自分が『興奮・感動』を得られるかどうかを重視する。

続きを読む
posted by もも at 01:37| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

チワワ、私に一喝されるの巻き。

親戚とチワワが遊びにやってきた。

チワワのボスは3姉妹の末っ子なのですが、非常に物静かで優しい彼女はあまり犬を「怒らない」そうです。
問題行動がなければ怒らなくてもイイけど、実際は問題行動があるわけです。

チワワの問題は居心地の良い場所からどかされそうになると「噛み付く」です。
主に「抱っこ」「ソファの上」からチワワを下ろせなくなるそうです。

チワワを抱っこすると下ろす時に唸られて齧られるので末っ子以外の家族は基本的に抱かないそうです。

でも、チワワは抱っこして欲しいのです。抱っこしてもらえると嬉しいのです。

で、ウチにくると私がずっとチワワを抱っこしているのです。
でも私はチワワに噛み付かれずに下ろすことが出来るのです。
それが、従姉妹一家には物珍しい現象らしく不思議に思うそうです。

なぜ、私は大丈夫なのか。

ひとつはチワワが下りたがっている時に下ろすので、チワワにとってストレスがないからです。
もうひとつは、私は家族じゃないからチワワ的に外面があるんじゃないでしょうか。遠慮してるというか。

ただ、いつまでも「チワワの下りたいタイミング待ち」だと、色々不便なので今日はちょっとしたトレーニングにトライ。

続きを読む
posted by もも at 00:43| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

美味しかった鍋メモ。

お正月の餅が余ってるから、どうしたら良いだろうかとレシピ検索してたらたまたま見つけた鍋のレシピ。
作ってみたら簡単で美味しかった。(写真とらなかった)

▼ポイント
●白だしを使う
●ごま油で焼いた餅を入れる
●大根おろしを入れる(みぞれ鍋ですね)

白だしを取りあえず買いに出かけた。出汁はそれだけ。
鍋に白だし/水/お酒少々を入れて沸いたら、白菜/肉団子/お揚げ/えのき/春菊/大根おろしを入れて煮えたところに最後、フライパンでごま油で焼いた餅を投入で食卓へGO。

お餅が鍋に入ると「ジュワ!」と音がするのが妙に嬉しい。
簡単で具材もシンプルなんですが、とっても美味しいので是非お試しあれ。
白だしとごま油で焼いた餅と…とにかく具材のコンビネーションが抜群に良いです。

↓参考レシピはこちら
香ばしいみぞれ鍋
posted by もも at 21:35| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

まだまだ先だよ。

kan.jpg

年賀状さぼったので届いた年賀状には寒中見舞いでお応えしようと考えています。

だから、鳩居堂でハガキは買ってきたよ。

でもまだ切手を買ってないんだ。

とはいえ今月はバタバタしているから書く暇がないんだ。

目標は1月中のお届けでしょうか…いや2月頭かな。

2013年からは潔く年賀状を作るのやめようかな〜。

もうずっと鳩居堂でいいかなぁ。
posted by もも at 01:22| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

2012年もどうぞよろしくお願いいたします。

関係者各位
今年は年賀状を作っておりません。
去年は踏んだり蹴ったり振り落とされたりでモチベーションが見当たりませんでした。
送って頂いた方にはここを借りしてお詫びします。
すいません。幾ら待っても私からの年賀状は届きません。

そして、いつもブログをのぞきにきてくれる方々。
カウンターを見る限り、リピートしてくださっておられる方々はそれなりにいらっしゃるようです。
なにぶん皆様控え目な方々なので本当にそんなにリピーターいるのかなぁ?って思っているのですが、コメントしてくれる方から、ただ見てるだけの方まで、今年もマイペース更新で時おりお見苦しい事もありましょうが、どうぞよろしくお願いいたします。

初詣は穴八幡行ってきました。

穴八幡のお守りの中には「コロコロ」としたものが入っており、それは銀杏の実なのですが、ツレが「ナニ入ってんの?」と聞くので「銀杏の実だよ。」と答えると「食べるの?」と聞き返されました。

食べちゃダメだぞ。
お守りの中を開けたらダメなのに、それをさらに食べたらもっとダメだぞ。

その後に飯田橋へ移動して「東京大神宮」へ行ったらビックリ。凄い行列。
東京大神宮へはなにがしか近くで用事があったときなどにフラ〜リのぞいた事は何度かあるのですが、ちゃんと心を込めてお参りをした事は無く、所以もよく分かってなくて「結婚したい人が縁結びをお願いしに行く場所」と理解していました。
そしたら、女性だけじゃなくてカップルも凄く多くて…なんで?って聞いたら「カップルは結婚出来ますようにとお願いするんだ。」と言われて…あぁ、そうか別れないようにお願いすんのか。

最後尾の看板を持ったお兄さんに何分待ちか聞いたら「一時間半です。」と言われてディズニーランドみたいと思った。
せっかくなのでちょっとだけ列に並んで隅田川の花火以来の公道を人が埋め尽くすという光景を眺めた。

暗くなって寒くなってきたので、すぐ帰った。
posted by もも at 01:31| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

やっぱりか…三田灯さんのダウンジャケット。

duve.jpg

三田さんのダウンジャケット、もしやと思ったけど本当に「DUVETICA」だそうだ。

本当にね「DUVETICA」は気をつかって着た方がいいよ。
凄く品物はいいブランドなんだけど、普通のおばさんが着たら「ユニクロ」のダウンとさほど見た目変わんないからね。
予想以上に安っぽく見えるんだよね。あとダサく見える。

本当に三田さんになっちゃうよ。

それだけ着てカッコ良いいとかスタイルアップになるダウンは他にいっぱい売ってる。「DUVETICA」ってシンプル過ぎてスタイルの良い人とかバックやブーツとかちゃんとコーディネートしないと「ただのおばさん」になるから凄く注意が必要だと思う。

銀座の交差点歩いてて「DUVETICA」のKappaなどを着ている人を見かけると…

「あ、全然お洒落じゃないDUVETICAだ。」と思います。

特にジーパンと合わせると最悪に「おばさん」になります。
スニーカーとかショルダーバックをタスキがけとか…別にそう言うコーディネートは楽だから悪ではないけどDUVETICAが安〜いベンチコートに見えるだけなのです。
あの地味〜な色も悪いんだよな。
あと、日本人はラクーンファーをグレー系にしちゃダメです。茶系のナチュラルカラーにしないと髪の色が暗いので全体に暗くなっておばさんっぽくなります。
アレは欧米人の体型や髪色だから成り立つ配色だよ。

ある意味「DUVETICA」マジック。
うっかりしているとダサイ魔法をかけられますよ。
posted by もも at 23:46| Comment(5) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予想第2弾。

有馬記念に続きまして、本日は東京大賞典。
ホントに当てるのは難しぃ〜。

結果、スマートファルコンが2連覇という…凄いお馬さんじゃて。

しかし、ギリで勝ったって感じでした。
スマートファルコン(武豊騎乗)とワンダーアキュートの接戦で、我らはゴール付近で観戦してましたがどっちが勝ったか分からないほど。
電光掲示板にも1着2着がなかなか結果が表示されなかったんだけど、映像では「武豊だめだったんじゃない?」という空気だったので、掲示板に1着スマートファルコンと出た時には「えーーーー!!」とちょっとビックリ。

鼻差「3.5cm」だったんだって…武さん良かったね。

私はと言いますと…
【12枠スマートファルコン】ー【2枠シビルウォー】を本命に
【12枠スマートファルコン】ー【11枠テスタマッタ】をサブにしつつ
【5:トウホクビジン】を絶賛応援するというフォーメーションで…

惨敗なりー。
2着のワンダーアキュートをバッサリ切っていたのでした。

あと、分かったのが馬券の買い方がヘタ。
もうちょっと慣れないとダメだなって思いました。
あーあー、昔競馬場巡りさせられていた時にちゃんと教えてもらっておけば良かった!

続きを読む
posted by もも at 00:10| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。