2012年09月11日

2012 モンゴル行ってきました。#02「1日目の朝」

m-09.jpg

初モンゴルの朝、ゲルの近くまで馬の群れが着ていました。
お母さんと子馬が多いです。

お母さんたちがサークルを作って子馬を安全に見守りながら寝かせてます。
草原でみる馬の群れはちょっと感動します。
m-08.jpg


原生の血が濃い馬には、背にラインが入る「鰻線」や、脚に「縞模様」がでたりします。
こういう馬は野生で生きていく強さがあるので人間の都合で作った家畜とは違います。
人の手が無くても自分たちの力だけで生きていけます。

子馬の脚に縞模様が見えますか??

m-10.jpg


早朝は母子が多かったので、そういう写真を並べてみます。
お母さんのお乳を飲んでる子馬。
m-11.jpg

お母さんと一緒に草を食べてみる子馬。
もぐもぐ。

m-12.jpg

カメラ目線をくれる双子のような子馬たち。
「なにあれ?」

m-13.jpg

草原の朝の、のどかなひとときを過ごしました。

この後、モンゴルの人たちが自分たちの馬を追ってゲルのところまで連れてくると、のどかから一転して乗馬に使う馬たちを捕まえるという仕事がはじまります。

馬って賢いのに、妙に従順で我慢強くて偉いなぁって思うのでした。
何となくですが、性格が穏やかだし身体は小さくても頑丈だし、モンゴルの馬は良い馬だなぁと思いました。
posted by もも at 23:20| Comment(0) | 東京ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。