2012年07月07日

5年に一回くらいミーハーになったりもする。

ishi_effected.jpg

石井ゆかり女史の著作「蠍座」。

占星術を語る人は星の数ほどいますけれど、石井さんの特徴は言葉のもつ力というか創造性というか…こういう表現が出来る人は他にいないんだよね。
語量もあるだろうけど、こう雲の中に手をつっこんで奥の方に隠れてる見えにくいものを「はしっ!」とつかんで帰って来てくれる感じ。安心感がある。

そんな石井さんがリコーのギャラリーに在廊しているということで、お客さんと打合わせが終わった後に銀座によった。
平日だし空いてるかな?と思って足を運んだんだけど、エレベーターを降りたら人が並んでいたのでそのまま列に加わったところ…おぉ、石井さんがサインしてくれていた。

基本的に誰からサインもらいたいとかそういうの無い人間なんだけど、今回は別腹で。

とても丁寧に対応してくれて、ほんわりした方なんだけど。ほんわりの内側に、あの文章に現れるずしっと密度の高いものがつまってるんだろうなぁと。

私は恥ずかしがり屋なので、静々とサインを頂いてギリギリ握手をしてもらった。
ああいう文章をどうしたら書けるんだろうか。

私、サインってこれで人生2個目なんだけど。
最初にもらったサインはなぜか「美輪明宏」という…
美輪さんのサインはもらったっていうか当たったんだけど「筆書き」でした。

ギャラリーの写真展は面白かった。私もああいう写真が撮ってみたいなぁと思った。
で、オマケに石井さんの12星座書き下ろし?のフライヤーがもらえたので電車で読みながら帰った。
年々私の個性が濃ゆくなっていくと同時に占星術も石井さんの解釈にかかると侮れないなと…シンクロ率高し。

時間があれば霞ヶ関方面へ行ってみようと思ってたんだけど、見送ってしまった。
でもiPadの壁紙はただいま奈良さんの「NO NUKES」。
取りあえず、東電は原発敷地内に「本社屋」を建てるべきだな。
posted by もも at 02:27| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。