2012年05月25日

日帰り箱根の旅#番外「道中裏日記」

asamac.jpg

黒日記ですよ。
清々しい気持ちになどなりませんよ。

さて、箱根への道のりを考えると高速バスが楽だということになり、新宿の小田急ハルク前から出発する小田急箱根高速バスを予約した。
友人が朝マックをしようというわけで、早朝7時のマクドナルドに入った…そしたら。

超満席!!人がごった返している。トイレは長蛇の列。

姉さん、都会は恐ろしいところです。この娘たちは家出少女ですか?帰宅難民ですか?
一体この人たちはどこからやってきてどこへ行くのだ?という摩訶不思議な人たちの集まりです。

何とか席をキープして数年ぶりに朝マックをもぐもぐ。
朝マックは大好きなのですが、夜型なのでめったに食べられません。
なんとも怪し気な人たちに囲まれ人間観察。(←それに自分たちも含まれるのだが)

新宿西口のマクドナルドで衝撃を受けつつ、近くのコンビニで飲み物を買い、さぁてバス停に行きますかねぇと道を戻ると久しぶりに見てはいけないものを見た。

ガサガサガサササササ…

朝日を浴びて飲食店が出したゴミ袋を漁るおじさん…まぁそれはいいとして…
うぉーーーー、そこでそのままガツガツ食べてるし!!!
新宿ってここまでだったっけ?
駅前大通りにてゴミ袋に顔をつっこんだままのおじさんの背後を通り過ぎる。

朝日を浴びながら、何か物凄い衝撃を受けた。
久々の東京砂漠はサバイバルだった。
田舎には野良人間いないからね。あの人たちは都会に巣食うからね。
朝っぱらから人間が集まりすぎてバランスがおかしくなってる世界に当てられました。

人に迷惑かけなければ人間だって動物だから色んな生き方あると思うけど、日本にきた外国人が見たらビックリするだろうなと。
友人は昔からこんなものだと言うが…なぞだ。新宿の抱えているものは凄いなぁ。

高速バスに乗り込む。
前の席に座った子供2人/母親/姑/曾祖母の一家。
この姑のマナーがひどい。公共の乗り物に乗る資格なし。

途中渋滞がありバスの中が静かになったころ、前の席の男の子が隙間から私に向かって「バーカ、バーカ。」と小声でアピール。

世の中のお子様たちよ、大人の女がみんな子供に甘い顔すると思うなよ。

マナーがなってない姑とうるさい子供にイライラしていたので、ブラックホールの様な瞳でアホな子供を凝視した。
馬鹿は自分と悟ったのかフェードアウトしていった。

箱根神社に到着すれば、新宿とはまったくちがう空気に水に人間。
人より自然の方が圧倒的な場所はやっぱり大事だなと思った。

帰路、再び新宿へ戻る。
バスから都庁をみると、ブルーシートがいっぱい。
都庁のお膝元はそういう場所になっているんだな。知らなかったな…

バスから降りて、圧倒的な新宿の密度に箱根帰りの体が追いつかない。
人が歩けば肩がぶつかりそうな密度。改札を移動する人の波波。

こんなに人間の密度が高ければ、おかしなことも起こるな…と思ったのでした。
posted by もも at 22:19| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連続コメントしてすみません。
常々、同じようなことを思っています。
新宿の早朝がそんな風だとは知りませんでしたが。
数年前は都庁で働いていたので、毎朝都会の
日が当たらない薄暗い部分を見て出勤していました。

この数年の山ブームで。
山にいるひとにも変化があったと感じています。
声をかけても挨拶しない人もいるし。
昨日は細い登山道をずっと手をつなぎながら
進むカップルを後ろから半目がちに眺めてました。

自然に馴染んだ帰りの新宿駅は、いつも以上に
厳しいものがありますね。
Posted by mihosora at 2012年05月28日 09:15
mihosoraさんからコメント頂けるならおかわりをお願いしたいくらいです(笑)

あとで知ったのですが、ホームレスはリストラとかで東京は最多のようですね。
やはり昔よりずっと増えたみたいです。
都庁へ向かう長い地下道とか…新宿独特の風景ですよね。

山ブームも善し悪しですね。
山に対する「敬愛」の密度が薄まるっていうか。
普通の人も登るようになったらマナーの共通認識を持てるように働きかけないとですね。
皇居のジョギングが如く「トレイルランニング」とかもっと流行りだしたら大変そう…なんて。

>昨日は細い登山道をずっと手をつなぎながら
>進むカップルを後ろから半目がちに眺めてました。

あはははは。大自然とふたりだけの世界〜。

秩父の神社で「鹿が増えすぎて生態系が壊れてきています」とかなんとか。
人間が一番増えすぎているんですけどね…

最近は特に自然の豊かなところで暮らしたいなって思うのでした。
Posted by もも at 2012年05月28日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。