2012年04月14日

地面に転がるのも気持ちが良い季節。

dd.jpg

ごろり…

春になると毛皮族の毛が抜けます。
もふもふもふもふと、毛が抜けていきます。

暖かくなって、こころなしか馬たちも地面に転がる率がUPしているのか泥んこにまみれていたり。
(馬は面積が広いので、泥にまみれているとなんかショック。いいけど別に。)
ブラシをかけると、泥と毛が一緒に舞うので「ゲホゲホゲホゲホゲホ…」

そういえば、ツバメ達も春の訪れと一緒に舞い込んできました。
馬房に巣作り。ぴーちくぱーちく。
posted by もも at 22:09| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーなんてかわいい!
このつぶらな瞳!
日なたのあたたまった地面の上は気持ちいいんでしょうね〜。

ツバメの巣、去年まで会社の入ってるビルの軒下に毎年あったのですが。
今年は見かけません。
巣作りから巣立ちのときまで、愉しみにしていたんだけど。
もっといい場所見つけたのかもしれませんね・・・残念。
Posted by mihosora at 2012年04月16日 09:18
私も一緒に地面に転がりたいです…。
すんごい気持ちが良いと思います!!!
もうちょっと暖かくなったら丸の内の芝生の上で日干しになろうかな…

ツバメ来なくなっちゃったんですか?
今年は寒いからでしょうか。
乗馬クラブは田舎にありますから、馬房にいっぱいツバメが来てるんですけど、けっこうあっという間に子育て終わって旅立つんですよね。
写真撮りたいんですけど、なかなか難しくて…
Posted by もも at 2012年04月16日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。