2010年02月11日

初めてのペンタブ「Wacom Intuos4」

pentab.png

「Wacom Intuos4 Special Edition PTK-640/K1」買いました。仕事のために。

イラストを描かなくてはならない時に「ペンタブって、あったら便利じゃない?」とはぼんやり考えていたのですが。今回買うに至りました。

でもペンタブには触った事もなく、まるで素人なので「何買えばいいの?」と思いました。が、しかし。ペンタブは「Wacom」というメーカーのほぼ独占市場だったので、迷いようがなかった…

プラス、あと選択の余地があるのは「ハイスペックor廉価版」か「型落ちor新製品」あとは「サイズ」。

これはもう、店頭で触ってみるしか判断できまい。というわけで、電気屋に感触を確かめに行きました。
ペンタブ売り場に直行し、わくわくしながらペンを走らせると…

反応しない。
カーソルは移動するけど、なんら画面に反応無し。

コツコツとフォルダを2回叩いてみても反応無し。

私の使い方、間違ってる?マウスのペン型だと思い込んでたんだけど、間違ってる??

お絵描きアプリケーションが起動している他のペンタブに移り触ってみる。強く引っ掻くとかろうじて線が…。そのままウサギの絵を描いてみると、ガリガリな上に、紙に描く感覚とずれを感じる。

そんな線引きたくないのに、なぜそうなる??

まず最初に私が触った2台は「Bamboo」という購入候補筆頭にあった廉価版シリーズ。その操作感がフィーリングに合わず、その場で焦る。

これ欲しかったのに、使いづらい??私の使い方が悪い?

そして、ペン先が「カツカツ」いうツルッとした入力面にもなんだが凄く「イライラ」してしまう。(たぶん、ペンタブを使った事がないから)これは作戦変更か?というわけで、プロ仕様という噂を小耳に挟んでいた「Intuos」シリーズを触ってみる。

あ、紙に描いているみたい…。これイイ。

おぼつかない操作でも、何とか意思の疎通がとれたのが「Intuos」。だてに高くないな。入力面がマットで少し弾力があるのでスケッチブックに描いているような感覚。価格が跳ね上がるけど…これかなぁ…と目星を付けつつ、後は安く購入するための作戦も練りたいのでひとまず撤退。

結局買ったのが「Wacom Intuos4 Special Edition PTK-640/K1」。サイズはMサイズ、アプリケーション付きのスペシャルエディション。怒りのアマゾン・プライムで注文しました。

●今回迷ったポイント
▼操作性
使ってみたら電気屋みたいな扱いづらさは無く、感覚的に使えて一安心。「Intuos4」の紙に描くような感触はとっても良い!
▼サイズ
本当は「価格」「スペース」の点からSサイズを購入しようと考えていたのですが、悩みに悩んだ結果、使っている液晶画面に近い大きさの方が使いやすいというのは何となく店頭で体感したので「Mサイズ」に。
やっぱり、でかい方が使いやすい…なので後悔していません。むしろSサイズを買って「Intuos4」が気に入って「もっと大きなサイズにすれば良かった…」という思いに苛まれなくて良かった。でもやっぱり、イラストを本職としない私にはLサイズ以上は必要なし。

●知らなかった…ペンタブの事
▼ペンの芯はリアルに消耗品
まさか、ペン先が消耗品とは!!!知らなかった!!描けば描くほどに減ります。そして、それをピンセットで抜いて差し替えたりするんです。
さらに「Intuos4」はマット面なので芯の減りが早いのと、紙に描くような感触を出すための策らしいです。うぅ〜ん。替芯高くてビビりましたが、私は筆圧低いし緻密に書き込んだりしないので許容範囲。でも、本気で描く人はA4サイズのイラストあげるのに1本くらいは消耗しちゃうんじゃないかな?
▼ペイントソフト凄い
鉛筆の線はリアルだし、紙の荒さは指定出来るし。何よりも色んな画材をPC上で使えるのだからお得。絵の具もパステルも、好きな色を作れるしな…。水彩にはビックリ。絵の具みたいに色をパレットで混ぜまぜ出来ちゃうし。多種多様な画材がいらなくなっただけでも凄い楽!!!

●Intuos4の良いところ
▼マット
紙に描いてる感触を得るために、この機種にする価値はあると思う。
▼操作性
他のペンタブと親しくないのであくまで偏った体験談ですが、ペンタブ初心者でもストレス無く自然に操作出来たので満足。

●Intuos4の嫌なところ
▼タッチホイール鈍感?
タッチホイールで拡大縮小出来るんですが、何か鈍感。行き過ぎたり反応しなかったり、鈍い。iPod touchなんかを触り慣れている身としては、もうちょっと何とかならなかったのかよ?と思う。
それとも、どこかに操作の詳細を設定出来るところがあるんだろうか??
▼ボタン固い?
タッチホイールの他にボタンがついているんですが、感触が微妙。安っぽく感じた。

総じて、大満足。
オススメです。
posted by もも at 00:46| Comment(4) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさしく私も、同じモノを買おうとしていて
アマゾンのカートの中で数ヶ月寝かせております…。
いいレポートでございました。
やっぱり替え芯は高いしすぐ消耗するので、
みなさん綿棒で自作しているみたいですわー。
Posted by whip at 2010年02月13日 22:09
そうでしたか〜
はじめに落書きしながら練習したんですが、ハマりますよ。楽しい!いくら失敗しても消しゴムで消せるし。

私より遥かに画力のあるwhipさんなら「Intuos4」の能力を最大限使いこなせるはず!!
私は画力が無いので活かせきれません!

単純に画材を買ったり、失敗してなんども書き直したりという作業が無くなっただけで「ありがたや〜〜〜」です。

にしても、価格も価格だから悩みますよね。

替芯はまだ取り替えたこと無いです。本気で書き込むようなイラストは描かないので。
「綿棒で自作」って言うのが興味津々。いったいどうやって…
Posted by もも at 2010年02月14日 23:17
ウィキLIVEDOORブランドコピー財布時計ファッションのブログ,歓迎を。 レプリカ時計 http://jp-sakura.webnode.jp/
Posted by レプリカ時計 at 2013年08月05日 06:33
ウィキLIVEDOORブランドコピー財布時計ファッションのブログ,歓迎を。 ルイヴィトンコピー http://997seo.cosplay-japan.net/
Posted by ルイヴィトンコピー at 2013年08月05日 06:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。