2006年02月19日

ARABIA(アラビア) パラティッシのティーC&S

パラティッシ.jpg
結局ブラックパラティッシをスルーして手に入れたのが彩色がほどこされたパラティッシ(Paratiisi)。因に写真のお皿はティーC&Sのソーサーです。直径16cmでプレート16cmと同じ品物になります。アラビアお得意の「ソーサー=お皿」として使えるとても機能的なデザイン。ケーキ皿に丁度いい感じです。
パラティッシのティーC&SはTEEMAなんかより大きくてどっしりしていて「でかっ!」という印象です。カップはマグカップレベルの容量があり、ずっしりしているので結構ゴツいです。コーヒーC&Sの方が普通サイズって感じがします。ただ、ソーサーだけをお皿みたいに使いたくなると16cmのティーC&Sの方が便利なのかも。お客さん用に出すC&Sとしてならばやはりコーヒーの方がいいかなと思います。

自分の嗜好から言うと今買うなら「ブラックパラティッシ」なのです。それに廃盤のアナウンスもありましたし廃盤品やヴィンテージに弱い私は普段ならブラックを買うはずなのです。でもでも、カラーのパラティッシに紅茶を注いだイメージ写真を見たときにとても綺麗で家で使うなら絶対に「カラー」だなと思ったのです。よく「あんなキワドい色は食卓に合わない」とか「どんな料理をのせればいいのか分からないじゃん」と言われ好みの分かれるところですが、むしろカラーの方が生活の色に馴染みやすいと思うんですよね。白黒のブラックパラティッシはモダンでクールすぎて浮いちゃう気がするんです。そんなわけで「パラティッシ」ほんわか活躍中です。

先日イルムスに行ったとき、カウンターにブラックパラティッシがお客さんの引き取りを待っているかのように積まれていました。買える人は買えるんですね。
posted by もも at 19:51| Comment(0) | TrackBack(1) | iittala & ARABIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

散策の記録【北欧編Part1】ストックホルム症候群
Excerpt: スウェーデンの若手有望株、 ピーター・アンデションの デザインスタジオ。ユル〜いバイブスがご機嫌! セーデル・マルムの公園スノーボーダー。 街中でスノボ! 日本ではお目にか
Weblog: 東京散歩クルージング
Tracked: 2006-02-26 04:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。