2013年04月12日

当帰芍薬散

touki.jpg

当帰芍薬散」はトウキシャクヤクサンと読む。
美人をみたらこれを処方せよと伝わる女性の聖薬だそうだ。

「当芍美人」という言葉があるそうで、虚弱体質で貧血や冷え性、浮腫のあるタイプがなりやすい体調不良を緩和してくれるらしい。

私の場合は、筋肉がつきにくく低血圧・疲れやすい。
それだけならいいけれど、不定愁訴がひどくて「虫の息」になっていた3月。
さらには半年前くらいから寝込むくらいの生理痛などに襲われるようになり、そろそろ婦人科を受診しなくてはいけないのかと不安になっていた。
取りあえず、不定愁訴が酷くなったので自律神経失調しているのを治す薬ってないのか?と調べていたら無いらしい事が分かった。

自律神経を直すには「リラックス」らしい。笑っちゃう〜。

といっても、薬がないのは西洋医学的な切り口だけで、いわゆる「東洋医学=漢方」にはそういった不調を調律するようなお薬が存在する。
こういう症状にはこういう漢方みたいなのがあって、私の症状がキレイにぜーーーんぶ当てはまったのが「当帰芍薬散」だった。

なるほど〜と思い、次は漢方を出してくれる近所の病院をみつけた。
診察の時にお医者さんにこういう症状で困っていると伝えなくてはと思い、不定愁訴を箇条書きにした。

続きを読む
posted by もも at 17:13| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。