2013年03月09日

海南鶏飯つくった。

kainan.jpg

つくった〜。
レシピと違うのは、お米を日本米にしたところかな。

思ったよりも美味しくできた。
でも、あのお店の味は無理ー。
素材の良さが違う気がした。

生姜ソースが美味しくて
これは海南鶏飯じゃなくても使いたいと思った。
簡単だし。
細かくみじん切りにしたネギに、おろし生姜とにんにく、サラダオイルに塩。
まぜるだけ〜。

ポイントは鶏肉の茹で方。
ぐらぐら沸騰させない。
低い温度で中まで火をとおしたら氷水に取ってしまう。
水気を拭いてゴマ油と生姜にんにく少々でコーティングしておく。

ムネ肉とモモ肉の二種類で作ったけど、
私はムネ肉をお勧めします。
ムネの方がさっぱりスッキリ柔らか〜。

おそらく、沸騰させちゃうと雑味とか嫌な香りが出るのだと思う。

ご飯は鶏をゆでたスープで炊くのだけど、久しぶりにストーブで炊いた。
フタをあけると「もりもり!」っと沸き上がるようなお米の立ち具合で
おぉぉぉ、ストーブやっぱりいいなと思った。

全体に塩味は薄めにして、ソースで頂くのがいいです。
posted by もも at 09:27| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

ハイドロキノン買ってみた。

kinon.jpg

買ったのはハイドロキノンSHQ-1/5%配合の「肌真珠」。

ハイドロキノン知っている人は知っていると思うけれど、肌の漂白と言われてる(実際は漂白と言うほどのもんでもないが)お医者さんとかで処方されるもの。
昔は取り扱い・管理が難しくて1ヶ月くらいで使い切らないといけないものだったのが、最近いろいろ便利になって肌にも優しくなったとか。

10年くらい前かな、ホクロを除去した時に処方され、お医者さんが私の左ほほをのぞいて「ここにも塗ると良いよ」と言われた子どもの頃からあるシミがある。
そのシミが最近なにやら濃くなってきたので、あぁそうだアレ塗ってみようと思い出し探したらコレを見つけた。

テクスチャは少量でよく伸びて、イイ感じです。
(肌の弱い人は3%とかを選ぶといいらしい)

効果のほどはまだ4日くらいだから分からないけど、1〜2ヶ月後に薄くなってるとうれしいなぁ。
お医者さん行かなくても買えるのがいい。
効果がありさえすればだけど。
posted by もも at 11:18| Comment(0) | うっかり買い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

六本木「海南鶏飯食堂」

DSC_0167effected.jpg

海南鶏飯が食べたくて、食べたくて、食べたくて…
やっと巡り会った。

海南鶏飯自体は何年も前に知らずに食べたことが1回あったんだけど。
その時は、何の知識も無く、感動も無く、
美味しくも不味くもないと思っていた。
大分大人になったからなのか、趣味思考も変わったのか
ものすごく食べたくなったのが去年末。

知り合いのお勧めの店だったのでいつか行こうと
脳内ブックマークしていたのがこのお店。

最初にスープとタレがテーブルに置かれる。
スープと飲むと…おぉ、美味しい。
スッキリ雑味の無いスープにパクチーの香り。根を入れるのかな?
鶏肉もご飯も上品であっさりしているけど、深い美味しさ。

しみじみおいしい…。

ついてくるタレもまた美味しい。
特に生姜のタレがお気に入り。
濃い口の中国醤油も美味しくてビックリ。
むむむむ。やはりタレは3種類あっるといいな。

ぱくぱくぱくっと食べ終わりました。(早食い)

もともとシンガポール料理は好きだから。
ハマりそうです。

お店のランチョンマットにレシピが載っていたので
近いうちに作りたい〜。

DSC_0166_effected.jpg
posted by もも at 15:36| Comment(3) | 美味しいもの探検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。